インド、ラダック地方レーでご長寿祈願法要と長寿の灌頂授与

ダライ・ラマ法王は、18日から始まったシャーンティデーヴァの『入菩薩行論』の法話会最終日を迎えられた。その後、聖観音菩薩の灌頂を授与され、法王の長寿を祈願する法要が執り行われた。2016年8月20日 − 21日、インド、ジャンムー・カシミール州ラダック地方レー
詳しく見る

インド、ラダック地方レーでご長寿祈願法要と長寿の灌頂授与

ようこそ!

ダライ・ラマ法王14世と法王庁の公式ウェブサイトにようこそ。

ダライ・ラマ法王はチベット民族の精神的指導者です。法王は常に、ご自身の人生には三つの使命があると述べられています。第一に、人類の幸せを達成するため、世俗の倫理に基づいて人間的価値の促進をはかること。第二に、異なる宗教間の調和をはかり相互理解を深めること。第三に、チベットの仏教文化、すなわち平和と非暴力の文化を維持することです。

公式ウェブサイトでは法王のご法話やご講演、外国へのご訪問や出版事業などを幅広く紹介しています。法王がご自身に課される三つの使命について、皆さまに一層の理解を深めていただく助けとなれば幸いです。

ダライ・ラマ法王のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)アカウントは以下のリンクからご覧ください。

 

News RSS Feed最新ニュース

イスラミア公立高校、尼僧院、モスクをご訪問 イスラミア公立高校、尼僧院、モスクをご訪問
2016年8月17日
インド、ジャンムー・カシミール州ラダック地方レー:ダライ・ラマ法王は本日最初の公務として、レーにあるイスラミア公立高校を訪問され、同校のアブドゥル・カユム理事長とレヌー・カプール校長の歓迎を受けられた。講堂に集まった人々が全員着席すると、男子生徒のひとりがコーランの一節を読誦し、続いて女子生徒が同じ一節を英語で読誦した。アブドゥル・カユム理事長は法王のご訪問に感謝すると共に、次のように語った。「本校では複数の言語で教育を行ない、生徒たちにその社会的価値を伝えようと努めています」

ラダック自治山間開発会議主催の昼食会にご出席 
2016年8月14日

ティクセ村の尼僧院とモスク、シェイ村のラムドン・モデルスクールをご訪問
2016年8月12日

『菩提道灯論』の法話会、長寿の灌頂授与と法王のご長寿祈願法要
2016年8月11日

 

スケジュール


2016年8月29日 - 9月1日 インド、ダラムサラ / ツクラカン(ナムギャル寺):ダライ・ラマ法王が、インドネシア、韓国、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナムを含む東南アジアグループのリクエストにより、ナーガールジュナの『宝行王正論』(uma rinchen trengwa)第2章から昨年の法話の続きを行なわれる。

2016年9月9日 - 11日 ベルギー、ブリュッセル / ボザール:ヨーロッパを中心とする「心と生命研究所」(Mind & Life Institute)の主催により、ダライ・ラマ法王が力とケアについて科学、経済、宗教の専門家たちと対談を行われる。ウェブサイト:www.powerandcare.org

2016年9月11日 ベルギー、ブリュッセル / ブリュッセル・エキスポ、パレ12:ダライ・ラマ法王が、ヨーロッパを中心とする「心と生命研究所」(Mind & Life Institute)の主催により、「個人の約束と普遍的責任感」(Individual Engagement)と題する一般講演を行われる。ウェブサイト:www.dalailama2016.be

 
 

サイトマップ