シュリ・ウダシン・カルシニ・アシュラムでの儀式とご講演

シュリ・ウダシン・カルシニ・アシュラムご訪問の2日目を迎えられたダライ・ラマ法王は、ヒンドゥー教のルドラビシェク(シヴァ神の象徴であるリンガを清める儀式)とハヴァン(火の儀式)に参加された。また、同アシュラムでの一般参加者との対話プログラムを行われた。2017年3月21日、インド、ウッタル・プラデーシュ州マトゥラー
詳しく見る

シュリ・ウダシン・カルシニ・アシュラムでの儀式とご講演

ようこそ!

ダライ・ラマ法王14世と法王庁の公式ウェブサイトにようこそ。

ダライ・ラマ法王はチベット民族の精神的指導者です。法王は常に、ご自身の人生には三つの使命があると述べられています。第一に、人類の幸せを達成するため、世俗の倫理に基づいて人間的価値の促進をはかること。第二に、異なる宗教間の調和をはかり相互理解を深めること。第三に、チベットの仏教文化、すなわち平和と非暴力の文化を維持することです。

公式ウェブサイトでは法王のご法話やご講演、外国へのご訪問や出版事業などを幅広く紹介しています。法王がご自身に課される三つの使命について、皆さまに一層の理解を深めていただく助けとなれば幸いです。

ダライ・ラマ法王のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)アカウントは以下のリンクからご覧ください。

 

News RSS Feed最新ニュース

ナヴァ・ナーランダー・マハヴィハーラ大学ご訪問と国際仏教徒会議 2日目 ナヴァ・ナーランダー・マハヴィハーラ大学ご訪問と国際仏教徒会議 2日目
2017年3月18日
インド、インド、ビハール州ラジギール:今朝、ダライ・ラマ法王は、1951年創立のナヴァ・ナーランダー・マハヴィハーラ大学付近に車で到着され、シュリー・M・L・スリヴァスタヴァ副学長の出迎えを受けられた。法王は菩提樹の苗木を植樹され、新しい管理棟校舎の記念額の除幕を行われた後、同大の会議ホールで100人を超える学生・教職員に向けて講演をされた。法王は、1956年、マハーボーディー・ソサエティ(大菩提会)主催のブッダジャヤンティ(生誕祭)2500年祝祭に参加された際に、この大学を訪問したことを思い起こされた。

21世紀の仏教についての国際会議開会式
2017年3月17日

ダラムサラで千手観音の灌頂
2017年3月14日

法話会初日『修習次第』中編と『三十七の菩薩の実践』
2017年3月13日

 

スケジュール


2017年3月19日 インド、ボパール / ヴィダンシャバ・オーディトリウム:ダライ・ラマ法王が午後、マディヤ・プラディーシュ州厚生福祉部の主催で「幸福論」についての一般講演を行われる。

2017年4月1日 インド、グワハティ / ITA舞台芸術センター:ダライ・ラマ法王が、アッサム・トリビューン紙のプラチナ・ジュレビー・セレブレーションのプログラムの一環として「世界平和への人類のアプローチ」と題する一般講演を行われる。

2017年4月5 - 7日 インド、タワン / イガ・チュンジン:5日と6日の午前中、ダライ・ラマ法王がカマラシーラの『修習次第』中篇(gomrim barpa)、ギャルセ・トクメ・サンポの『37の菩薩の実践』(laklen sodunma)の法話を行われる。7日の午前中は、リンジン・ドゥンドゥプの灌頂を授与される。

2017年4月10日 インド、ディラン / トゥプスン・ダルゲリン僧院:ダライ・ラマ法王が、ゲシェ・ランリタンパの『心を訓練する八つの教え』(lojong tsikgyema)と『上師瑜伽(グル・ヨーガ)』(lama neljor)の法話を行なわれ、観音菩薩の許可灌頂を授与される。

 
 

サイトマップ