ダライ・ラマ法王からの呼びかけ

 

チベットにおけるこの度の悲劇的な事態を懸念してくださっている各国の指導者、議員、NGO、一般市民の皆様に感謝の念を捧げます。また、中国当局が平和的デモ行進に対する武力行使を取り止め、問題解決に向けた有意義な対話に入るよう、中国当局の説得に努めてくださっていることに衷心より感謝申し上げます。

私は、この度のデモ行進と抗議行動は、チベット自治区と呼ばれている地域のチベット人のみならず、現チベット自治区周辺の青海省、甘粛省、四川省、雲南省の一部、つまり実質的には古来よりチベットとされてきたチベット地域に暮らすチベット人の心に深く根づいた憤りの表明であると考えています。

中国当局はこれらのチベット地域に大規模の軍隊を配備して、暴動に関与した疑いを理由にチベット人を厳しく弾圧し、さらには抗議行動が行なわれた地域を封鎖している、と信頼できる情報筋は伝えています。

そこで皆様には、引き続き中国政府に対し、弾圧をただちに取り止めて、不当に逮捕・拘禁したチベット人をすべて釈放し、適切な医療処置を行なうよう呼びかけてくださいますようお願い申し上げます。
我々がとりわけ憂慮しているのが、適切な医療処置です。負傷したチベット人の多くは、中国人が経営する病院で診察を受けることを怖れています。

また、今回の暴動とその根元的な原因を調査するための独立した国際機関が派遣されるよう、そして報道関係者と国際医療チームがこれに関与するすべての地域に入れるよう、呼びかけていただきますようお願い申し上げます。このような調査団、メディア、医療チームの存在は、チベットの人々の心に安堵をもたらすだけでなく、中国当局の弾圧に対する抑止力となります。


ダライ・ラマ14世
2008年4月2日

 

サイトマップ