2017年履歴

2017年1月2日 - 14日 インド、ブッダガヤ:中央チベット政権(CTA)の内閣のリクエストにより、ダライ・ラマ法王によるカーラチャクラ灌頂伝授会が開催される。1月2日 - 4日までの3日間はダライ・ラマ法王とナムギャル寺の僧侶、高僧たちによる祈祷、土地供養、砂マンダラ制作を含む序会の儀式、1月5日 - 8日までの4日間はダライ・ラマ法王がシャーンティデーヴァの『入菩薩行論』(chodjug)とカマラシーラの『修習次第』中篇(gomrim barpa)について前行法話を行われる。1月9日はナムギャル寺の僧侶たちによる宗教舞踏の献納、1月10日 - 13日までの4日間はカーラチャクラ灌頂の伝授が行われる。1月14日はダライ・ラマ法王による長寿の灌頂授与(tsewang)とダライ・ラマ法王に捧げる長寿祈願法要が行われる。

2017年2月5日 インド、デリー / タルカトラ・スタジアム: ダライ・ラマ法王が、ヴィディヤローケ(Vidyaloke)の主催により、古代インドの遺産である智慧、知性、精神性への好奇心を再燃させるため、「現代インドに古代インドの智慧の復興を」と題して一般講演を行われる。ウェブサイト:www.vidyaloke.in

2017年3月12日午前 インド、ダラムサラ / ツクラカン: ダライ・ラマ法王による『ジャータカ』(本生譚)の法話会が行われる。

2017年3月13日 - 14日 インド、ダラムサラ / ツクラカン: ダライ・ラマ法王がカマラシーラの『修習次第』中篇(gomrim barpa) 、ギャルセ・トクメ・サンポの『37の菩薩の実践』(laklen sodunma)の法話を午前中に行われる。

2017年3月17 - 18日 インド、ラジギール: ダライ・ラマ法王が、インド政府文化省の主催で「21世紀における仏教の適合性」と題する3日間の国際会議に2日間参加される。

2017年3月19日 インド、ボパール / ヴィダンサバ・オーディトリウム:ダライ・ラマ法王が午後、マディヤ・プラディーシュ州厚生福祉部の主催で「幸福論」(The Art of Happiness)についての一般講演を行われる。

2017年4月1日午後 インド、グワハティ / ITA舞台芸術センター:ダライ・ラマ法王が、アッサム・トリビューン紙のプラチナ・ジュレビー・セレブレーションのプログラムの一環として「世界平和への人類のアプローチ」(A Human Approach to World Peace)と題する一般講演を行われる。

2017年4月2日午前 インド、グワハティ / グワハティ大学オーディトリウム:ダライ・ラマ法王が「現代に活かす古代インドの智慧」(Ancient Indian Knowledge in Modern Times)と題する一般講演を行われ、法王の著書「ダライ・ラマ自伝」(My Land and My People)のアッサム語版を発表される。

2017年4月3日午前 インド、ディブルガー / ディブルガー大学:ダライ・ラマ法王が一般講演を行われる。

2017年4月5日午前 インド、ボンディラ / ブッダパーク:ダライ・ラマ法王が法話会を行われ、白ターラー菩薩の長寿の灌頂を授与される。

2017年4月6日午前 インド、ディラン / トゥプスン・ダルゲリン僧院:ダライ・ラマ法王が、ゲシェ・ランリタンパの『心を訓練する八つの教え』(lojong tsikgyema)と『上師瑜伽(グル・ヨーガ)』(lama neljor)の法話を行なわれ、観音菩薩の許可灌頂を授与される。

2017年4月8日 - 10日午前 インド、アルーナチャル・プラデーシュ州タワン / イガ・チュンジン:8日と9日、ダライ・ラマ法王がカマラシーラの『修習次第』中篇(gomrim barpa)とギャルセ・トクメ・サンポの『37の菩薩の実践』(laklen sodunma)の法話を行われる。10日は、リンジン・ドゥンドゥプの灌頂を授与される。

 

サイトマップ