2016年11月14日

不動明王許可灌頂


高野山大学の創立130周年を記念して招聘された法王は14日午後、約700人の参加者に不動明王の許可灌頂を授けられた。不動明王は密教の重要な尊格で、チベット仏教においても高野山真言宗においても厚く信仰されている。(撮影:ジグメ&チョペル)


昼食の席では、幽霊が話題になった。法王は、1959年に亡命を余儀なくされるまで過ごしたチベットのラサを思い出され、「高野山にお化けは出ますか?」と切り出された。ポタラ宮殿には「よくお化けが出た」のだという。「遠くに、仰向けに倒れている白い髪の人影を見て、怖くなってその場から離れたことがあります」「ポタラ宮殿のなかにはサルのお化けが出るという話もありました。ある人がサルのお化けを見て、物を投げつけたら、やかんが倒れて火鉢から煙が上がったそうです」「ポタラ宮殿内には、まったく明かりのない真っ暗な部屋があり、お化けがいるかもしれないとよくのぞき込んでいました。子どものころは、お化けの話を聞くことが大好きでしたが、聞いた後は怖くて眠れなくなりましたね」
法王の思い出話に、同席した人々も「夜は怖くてトイレに行けなくなったことがありました」とうなずいていた。(撮影:ジグメ&チョペル)


法王は高野山に滞在され、15日は「21世紀における仏教の使命」と題してご講演される。 (撮影:ジグメ&チョペル)


高野山にご到着


ダライ・ラマ法王は14日、高野山大学で不動明王許可灌頂を授けるため、和歌山県の高野山真言宗総本山金剛峯寺をご訪問された。小雨が降るなか、赤や黄色の紅葉に彩られた山門をくぐられる。(撮影:ジグメ&チョペル)


大阪から高野山までの道程は、車で長時間の移動となる。途中で小休止を取り、コンビニエンスストアに立ち寄られた法王は、2014年4月に京都から高野山への移動中に訪れたことを思い出され、「ここは前にも来たことがある店ですね?」と尋ねられた。一行を迎えた店員も「また来ていただけて、とてもありがたいです」と喜んでいた。(撮影:ジグメ&チョペル)


入り口で法王は、大きなポスターの1枚に目を留め、「これは何ですか?」と興味津々。アルバイト募集のポスターだった。店内には、不動明王許可灌頂のため高野山に向かう途中だという男性も居合わせて、「(法王がコンビニで買い物をされている)写真は見たことがあるけれど、本当にいらっしゃるとは!」と感激と興奮の面持ち。(撮影:ジグメ&チョペル)


英語で「Milk Tea」表記のあるペットボトル飲料を探し、会計を済ませると早速口にされて笑顔の法王。1つずつ袋に入った調理パン、コミック単行本の最新刊が並ぶ雑誌売り場など、コンパクトなスペースにさまざまな生活必需品が並ぶ店内を興味深く見渡され、過密な日程のなかで「日本」を感じる一瞬を過ごされていた。(撮影:ジグメ&チョペル)


金剛峯寺に到着された法王。大きな杉の木を振り仰ぎ「この木は樹齢どのくらいですか」と質問された。「樹齢200年です」との答えに、「ほおー」と声を上げられた。(撮影:ジグメ&チョペル)

関連フォトギャラリーはこちら

 

最新ニュース

21世紀の仏教についての国際会議開会式
2017年3月17日
インド、ビハール州ラジギール:ダライ・ラマ法王は昨日ガヤ空港に到着され、昼食の後、車でラジギールに向かわれた。道中、霊鷲山に続く丘の麓で車を止められ、法王は車外に出られた。霊鷲山は、釈尊が第二法輪の教え、すなわち、般若波羅蜜(完成された智慧)について説かれた場所である。法王は聖なる山の方角を向かれ、しばし無言で黙祷に入られた。今朝、法王は、21世紀にふさわしい仏教についての国際会議が行なわれるナーランダー国際会議場に到着された。会場では1,300人以上のインド及び国外から参加した代表者たちが、法王のご到着を歓迎した。

ダラムサラで千手観音の灌頂
2017年3月14日

法話会初日『修習次第』中編と『三十七の菩薩の実践』
2017年3月13日

神変大祈願祭の法話会と「チベット女性の日」制定祝賀式典
2017年3月12日

ノルブリンカ研究所ご訪問
2017年3月9日

サイトマップ