質疑応答

質問:法王様はご自身をどう思っていらっしゃいますか?

回答:私はいつも、私自身を単なる仏教徒の一僧侶だと考えています。それが本当の自分だと感じるのです。世俗的な指導者としてのダライ・ラマとは人間の作った制度で、人々がダライ・ラマを受け入れる限り、彼らは私を受け入れるでしょう。しかし僧侶であるという事は、何かしら私自身に属していることで、何者もそれを変えることはできません。夢の中ですら私は僧侶なのです。日常生活においても、私は自分の時間の80%を精神的な修業に、20%をチベットの為に費やしている、と言うことができます。精神的、あるいは宗教的生活は、私が大変興味を持っているものです。私はそれについてある意味で自信を持っているので、それをより学びたいと望んでいます。政治に関しては、僅かな経験以外、私は近代的な教育を受けていません。良い素養を与えられていない者にとっては、大きな責務です。これは自発的に行う仕事ではないけれども、チベットの人々が私に置いている信頼と希望ゆえに、進まなければならない道であると感じています。
 

質問:法王様は最後のダライ・ラマになられるのでしょうか?

回答:ダライ・ラマ制度が存続するかどうかは、もっぱらチベットの人々の要望に掛っています。それは彼らが決める事です。私は1969年の早い時期にこれを明らかにしました。4年間の亡命生活を経て、1963年に、私達は民主主義制度に基礎を置く亡命チベット人憲章(未来のチベットのための民主的憲法の草案)を制定しました。亡命チベット人憲章では、ダライ・ラマの権力は議会議員の3分の2を占める多数票によって取り去る事ができると、はっきりと言及しています。現時点において、ダライ・ラマ制度はチベット文化とチベットの人々にとって役に立っているので、もし私が今日死んだならば、チベットの人々は他のダライ・ラマを持つことを選ぶだろうと私は思います。個人的には、ダライ・ラマ制度はその目的に尽くしてきたと感じますが、将来、私達の現在の状況が変化し、ダライ・ラマ制度がもはや価値や有益さを持たなくなれば、この制度は存在する事を止めるでしょう。私達には2001年からカロン・ティパという民主的選挙によって選出された政府の頭首がいます。カロン・ティパは、私達の政府の日常的業務を進め、私達の政治機関の責任者でもあります。私は半分冗談半分真面目に「私は今、半分引退している」と、言っています。


質問:法王様は、いつかチベットへ戻れると考えていらっしゃいますか?

回答:はい。私はチベットへ戻れるであろうという楽天主義に留まっています。中国は変化の過程にあります。もしも、今日と10年、20年前の中国を比べてみれば、絶大な変化が存在しています。中国はもはや隔離されてはいません。世界の共同体の一部なのです。特に経済と環境に関しての全世界の相互依存性は、諸国が隔絶され続ける事を不可能にします。更に、私は中国からの分離を追い求めてはいません。私は、民主政治あるいは自治権を高いレベfルで享受しながら、チベットがどのようにして中華人民共和国内に存続するかという、中道のアプローチを宣誓しています。これは中国人にとってだけでなく、チベット人にとっても双方の相互利益となると、私は固く信じています。それと同時に精神性や繊細な環境を含めた私達独特の文化を保存しながらも、私達チベット人は、中国の援助と共にチベットを発展させる事ができるでしょう。チベット問題を友好的に解決することによって、中国は、自身の統一性と安定性に貢献する事ができるでしょう。


質問:中国は最近、次世ダライ・ラマはチベットに生まれ、彼らによって選出されるであろうと述べました。これについて何か仰りたい事はありますか?

回答:もしも現在のチベットに関しての状況が同じように留まるのなら、私は中国権力の支配から離れた、チベットの外に生まれるでしょう。化身転生の実際の目的は、前転生者の未完の仕事を継続する事です。したがって、もしもチベットの状況がまだ解決されずに残っているならば、私の未完の仕事を続ける為に国外に生まれるであろう事は、論理的なことです。もちろん、中国側は依然として彼ら自身のダライ・ラマを選出するでしょうし、私達チベット人は、私達の伝統にのっとって選出するでしょう。それは、現在のパンチェン・ラマの状況と似ているでしょう。中国側に認定されたパンチェン・ラマがいて、私の選んだパンチェン・ラマがいます。一方はその主人の目的に尽力し掲げ挙げられ、もう一方は、全チベット人に心から受け入れられているパンチェン・ラマです。
 

質問:法王様の使命は何でいらっしゃいますか?

回答:私はいつも、今生において三つの使命があると述べています。
一つめの使命は、人間であるというレベルにおいて、慈悲・許し・寛容・知足と自己修養のような人間的価値を促進する事です。全ての人間が同じです。私達全てが幸せを望み、苦しみを欲しません。宗教を信仰しない人々でさえ、彼らの人生を幸せにする為にこれらの人間的価値が重要であると認識しています。私はこれらの人間的価値の重要性について語る事に関わり、私が会う全ての人々と共に、それらを共有し続けます。
二つ目の使命は、宗教的修行者であるというレベルにおいて、異なった宗教間の調和と異なった宗教伝統間の理解を促進する事です。哲学的な相違はあっても、世界の多くの宗教が、より良い人間を作り上げる同様の可能性を持っています。それ故に、お互いを尊敬しあい、お互いの伝統の価値を認めあうことこそが、全ての宗教的伝統にとって重要です。
三つめの使命ですが、私はチベット人であり、ダライ・ラマの名を持っています。チベット人達は、彼らの信頼を私の上に置いています。私には、正義の為の彼らの闘争において、チベット人達の自由な代弁者として行動する責任があります。この三つめの使命に限っては、チベット人達と中国との間で相互に有益な解決策に到達した時に、それは存在する事を止めるでしょう。しかし始めの二つの約束は、私が息絶える時まで持っていくでしょう。
 

質問:ダライ・ラマと認定された最初の感じはどうでいらっしゃいましたか?法王様に何が起こったと思われましたか?

回答:とても嬉しかったです。私はそれをとても気に入りました。それどころか、認可される以前にも「僕はラサへ行くんだ」と、私はしばしば母親に言っていました。ラサへ向かう馬に乗るまねをして遊びながら、私はよく、我が家の窓敷居にまたがっていたものです。その時、私は大変小さな子供でしたが、それをはっきりと覚えています。私はラサへ行きたいという強い望みを持っていました。もう一つ私が自伝の中で書かなかった事は、私の誕生時、二羽のカラスが私達の家の屋根の止り木にやって来たことです。彼らは毎朝来てしばらく留まり、そして去って行ったそうです。これは一世・七世・八世・十二世のダライ・ラマ達の誕生時に起こった近似した出来事と同じで、独特の興味深いことです。私自身の場合は、当初誰もこれに注意を払っていませんでした。しかしつい最近、多分三年前だと思いますが、私が母と話しをしている時、彼女がそれを思い出しました。彼女は、カラスが朝来て、しばらくして飛び立ち、そして次の朝またやって来ることに気付いていました。こんな話があります。ダライ・ラマ一世が生まれた日の夜、盗賊が家族の家に押し入りました。両親は子供を残して逃げ出しました。翌日、彼らが息子に何が起こったか心配して返ってきた時、彼らは家の隅っこに赤ん坊を見つけました。一羽のカラスが、彼を守りながら、彼の前に立っていました。その後、ダライ・ラマ一世が成長し精神的修行を発達させた時、彼は瞑想中に、マハーカーラという護法尊と直接に接触しました。この時マハーカーラは「あなたのように仏法を擁護する者には、私のような守護者が必要だ」と彼に言いました。「あなたの生まれた正にその日に、私はあなたを助けたのだ」と。だから私達は、マハーカーラとカラスと、そしてダライ・ラマの間に確実に関係があると、知る事ができます。
 
もう一つ、私の母が対はっきりと思い出した事は、私の歯がノルブリンカの或る特定の家の中の箱の中にあると、ラサについてすぐに私が言った事です。その箱を開けた時、彼らは、ダライ・ラマ十三世が所有していた一対の入れ歯を見つけました。私はその箱をさし示し、私の歯がその中にあると言いましたが、現在、私はこの事をよく思い出せません。この身体と関連している新しい記憶は、より強いものです。過去はより些細に、ぼんやりとしていきます。その様な記憶をはっきりとさせる特別な努力をしない限り、私はそれを思い出しません。

 

最新ニュース

ダラムサラで学生との対話
2017年5月19日
インド、ヒマーチャル・プラデーシュ州ダラムサラ:本日ダライ・ラマ法王は、異なる3つのグループの学生たちと法王公邸で対話をされた。ミネソタ大学からの10名は、メンツィ・カン(チベット医学暦法研究所)でチベット医学の短期間コースを取っており、カナダのゲルフ大学からの20名は、ダラムサラのチベット人コミュニティでボランティアとして働いている。また、北インドのカングラ渓谷でインドの難民コミュニティ支援を目的とするトンレン慈善基金(トンレンとは、苦しみを引き受け、幸せを与えるという意味の修行)からは、25名の学生とスタッフが参加した。

米国議員代表団の一般歓迎会
2017年5月10日

韓国新大統領、文在寅氏を祝福
2017年5月10日

ダライ・ラマ法王、次期仏大統領エマニュエル・マクロン氏を祝福
2017年5月8日

普遍的価値観のカリキュラム作成中央委員会からの報告
2017年4月28日

サイトマップ