書籍

※最新のものから、発行年順の表示となっています。

ダライ・ラマ 宗教を語る

著者 ダライ・ラマ14世 テンジン・ギャツォ (著), 三浦順子 (翻訳)

信仰や教義の違いを超えて世の中の人々が平和に共存するにはどうすればよいのか。ダライ・ラマ法王が数十年にわたり世界の宗教的権威や政治家、科学者と対話を重ね、思索を続けた末の理解や智慧を提言した1冊。すべての宗教が歩み寄れる「精神的基盤」を極めて現実的に提示、現代の世界情勢に関心ある人の心を魅了する。

出版社 春秋社, 2011
 

いのちの言葉 (3.11後の日本へ)

著者 ダライ・ラマ14世(著), 篠山紀信(写真)

ダライ・ラマ法王が世界各地の法話で語ったメッセージの中から、東日本大震災後の日本人の心に響く言葉を厳選してまとめた1冊。「家庭画報」2011年2月号のダライ・ラマ法王特集を撮影した篠山紀信氏の写真が添えられる。「3.11以降、師の言葉はより重く、より深く、突き刺さってくる」(篠山紀信)

出版社 世界文化社, 2011

ダライ・ラマの般若心経 日々の実践

著者 ダライ・ラマ14世 テンジン・ギャツォ (著), マリア リンチェン (翻訳)

ダライ・ラマ法王による「般若心経」の解説。「般若心経は、毎日をより幸せに生きるための日々実践すべき智慧の教え」と法王は説く。第1部は2010年の長野・善光寺での法話、第2部は2010年の金沢法話、第3部は1995年の金沢法話(1998年の冊子「チベット仏教の教え」から再録)を基にしている。

出版社 三和書籍, 2011
 

空の智慧、科学のこころ

著者 ダライ・ラマ十四世 (著), 茂木 健一郎 (著), マリア・リンチェン(翻訳)

慈悲と非暴力の教えを説き続け、科学にも深く関心を寄せるダライ・ラマ14世と、リアリティを追究するという点に宗教と科学の接点を見出す脳科学者・茂木健一郎が、仏教と科学の関係、人間の幸福について語り合う。世界的宗教指導者と人気脳科学者が、人間が生きるための智慧をあらためて見据えるユニークな対談録。

出版社 集英社新書, 2011

ダライ・ラマ こころの自伝

著者 ダライ・ラマ14世 テンジン・ギャツォ (著), ソフィア ストリル=ルヴェ (編集), ルトランジェ・治美(翻訳)

フランスの女性チベット学者ソフィア・ストリル=ルヴェのインタビューに応じて、ダライ・ラマ14世が激動の人生を語った1冊。幼少時の故郷での思い出や中国侵略時の苦悩などに加え、自らの生きる指針となるチベット仏教の慈悲の思想、現代社会で一番大切な人間的な価値など世界の人々に伝えたいことを熱く語っている。

出版社 春秋社, 2011
 

夜明けの言葉

著者 ダライ・ラマ14世(著), 三浦順子(翻訳), 松尾純(写真)

東日本大震災で、普遍的な価値の意味を一瞬にして見失った人も多いはず。ダライ・ラマ14世が世界各地のスピーチで一般向けに語った言葉のなかから、これからをどう生きるかに悩む人たちに必要なアドバイスを「思いやり」「忍耐」「怒り」「幸福」などのテーマ別に紹介する。写真家・松尾純さんのフルカラー写真つき。

出版社 大和書房, 2011

Love?愛ってなんだろう

著者 ダライ・ラマ14世 テンジンギャッツォ(著)

誰もが知りたい、本当の愛ってなんだろう。 2003年、両国国技館で行われたダライ・ラマ法王のスピーチ「慈悲の力~Power of Compassion」を収録。 愛の定義や幸せにについて法王がやさしく丁寧に語った言葉を、じっくりと味わえる1冊。 巻末には若い聴衆と法王との一問一答のやりとりも収録。

出版社 マーブルトロン, 2011
 

フォト・メッセージ ダライ・ラマ 希望のことば

著者 ダライ・ラマ14世(著), 薄井大還(写真)

ダライ・ラマ14世の日本講演録の中から心に響く言葉をセレクト。そのフレーズに合わせ、ダライ・ラマ14世に随行して撮影を続けてきた写真家・薄井大還氏が、感動的なシーンやこれまであまり目に触れてこなかった情景をピックアップして融合。名言と写真でダライ・ラマ14世の教えに触れるフォト・メッセージ。

出版社 春秋社, 2011

ダライ・ラマ法王に池上彰さんと「生きる意味」について聞いてみよう

著者 ダライ・ラマ14世(著), 池上彰(著)

幸せに生きるために必要な智慧とは? ジャーナリスト・池上彰と若者たちがダライ・ラマ14世に尋ねた50の質問。「自分はどう生きるべきか」「生きるとはどういうことか」――ダライ・ラマ14世の回答一つ一つが、 現代の日本人にとっての「生きる意味」を見つけるきっかけとなり、 未来をつくる力となる。

出版社 講談社, 2010
 

ダライ・ラマ「語る」

著者 ダライ・ラマ (著), 相馬 勝(著)

チベットを追われて半世紀、その波乱の人生、中国に対する本当の気持ち、チベット人の未来についてダライ・ラマ法王がフリージャーナリスト相馬勝氏のロングインタビューに応じて赤裸々に語った。日本人が知らないチベット問題の真相、「ダライ・ラマ制度」の驚くべき内奥、生い立ちから宗教哲学まで。

出版社 小学館 , 2010
 

  1 2 3 4   最後へ
 

サイトマップ