日常

ダライ・ラマ法王は、ご自身のことをどのように見ておられるかと尋ねられると、「私はごく普通の仏教僧です」とお答えになる。

法王は、しばしばダラムサラを離れてインド国内、あるいは海外を訪問されている。旅行中は、約束されたスケジュールによって生活パターンが変わる。しかし、法王は早起きで、夜はできるだけ早く就寝される。

ダラムサラにおられるときは、朝3時に起床される。朝のシャワーの後、お祈りと瞑想と五体投地で一日が始まり、5時まで続けられる。5時からは、パレスの敷地内を短い時間散歩されている。雨の日は、ルームランナーを使われる。5時半に朝食が始まる。朝食には、大抵、熱い粥、ツァンパ(大麦粉)、ジャム付きパン、お茶を召し上がられる。朝食中はいつも、ラジオでBBCワールドニュースを英語でお聞きになっている。6時から9時までは、朝の瞑想とお祈りを続けられる。9時頃からは、様々な経典や偉大な導師たちの著作である註釈書を読まれる。11時半から昼食が始まる。法王のお食事が作られるダラムサラの厨房はベジタリアンである。しかし、ダラムサラ以外の各地を訪問されているときは、必ずしもベジタリアンではない。厳格な仏教の戒律に従って、夕食は召し上がらない。法王庁の職員との打ち合わせがある時や、謁見やインタビューがある時は、12時半から3時半くらいまで執務室におられる。普通は午後に、チベット人あるいはチベット人以外からのインタビューが一件と謁見が何件か予定されている。居宅に戻られると、5時頃に夕方のお茶を召し上がる。そして、晩のお祈りと瞑想が続き、7時頃までに就寝される。

 

最新ニュース

スケジュール変更のお知らせ
2017年4月13日
2017年5月11日より25日まで予定されていたダライ・ラマ法王のクルー、マナリ、ラホール、スピティ、キノール地方へのご訪問は無期延期となりました。ご不便をおかけしますことをお詫びいたします。

インド、タワンをご出発
2017年4月11日

タワンで法話会最終日と一般講演
2017年4月10日

灌頂授与、ウゲンリン僧院とドルジェ・カンドゥ記念博物館ご訪問
2017年4月9日

タワンで5万人に向けた法話会
2017年4月8日

サイトマップ